WW2 U.S ARMY 1944/
11/4/2002 built by Doggy

WW2 U.S ARMY 1944/です。
これも先日のC.F.F2002に出品したのですが当日ブースに陳列する際に落としてしまい展示時は悲惨な状態でした。
ヘッドは造形工房マンヴィルの山村氏制作によるデニーロを使用しています。
Bandoliers(弾帯)、M1910エントレンチング・ツールカバー、サスペンダーのみ自作しました。(エントレンチングは21st製)
M1ヘルメット、ジープキャップ、M1923弾薬ベルトと各種装備はコッツ製、衣服はドラゴン製を使用しています。
オーバーコートは一旦ばらして主に袖、身頃のラインを修正しました。生地がストレッチ地でいやなので機会があれば制作したいと思ってます。
汚しについては1度色を落として茶色+焦げ茶少量で染色したあとに茶、黒の染料を筆塗りして表現しました。
マフラーは実物とは違いますが"マフラーっぽく"表現したかったので真鍮ブラシで起毛させてあります。
M1944シューバックもcustom methodに書いている物を履かせています。
素体はドラスティックの物を使っているんですが、これが何故かヘッドがアメリカ兵とドイツ兵の2体抱き合わせ?の販売で$24くらいでした。
脚が細いのと胸板が厚い点が気になりますが、なかなか気に入ってます。(ドラゴンのヘッドがそのまま使えます。)


gallery top